オリジナル包装設計の高機能緩衝材-精密・高額な製品を守る、高機能な緩衝材・包装を設計します
緩衝材・通い箱の阪久化成 TOP >> オリジナル設計の高機能緩衝材

ご要望に合わせた包装設計は阪久化成にお任せ下さい

精密機器や産業機器、医療機器などの高額な製品には、中身をしっかりと守る高機能な緩衝材が不可欠です。弊社では、そういった業界の皆様のご要望に適したオリジナルの緩衝材を包装設計しています。
こちらでは、弊社がオリジナル設計にあたって最も力を入れているポイントについて、簡単にご紹介します。

Point1.耐衝撃性・緩衝性の確保

精密機器の輸送などでは、製品や附属品同士が触れないように設計することが肝心です。また、いざというときの落下の衝撃を吸収できるような包装設計を必ず行っています。

包装設計のポイント1.耐衝撃性・緩衝性の確保

よくあるお客様の課題

現在の梱包ケースでは製品が手元に届いた時に破損していることが多い。現在利用している梱包に問題があるのか教えてほしい。

解決のために

まずは破損している現物を調査します。現物を確認することで、設計上に不備があったのかどうかを確かめます。そこで発見された不備を改善するために、新たに包装設計したものを提案しました。

Point2.包装設計による作業効率の向上・輸送コストの低減

緩衝材の設計において、製品の保護に加え、いかに梱包作業をしやすくするか・輸送コストを低減するかということも求められる条件です。共用化などの工夫により、管理やコスト面でも大きくメリットが出るような包装設計を心がけています。

包装設計のポイント2.設計による作業効率の向上・輸送コストの低減

よくあるお客様の課題

輸送コスト削減のために、製品を大量に入れられる包装設計をしてほしい。

解決のために

製品が大量に入れられるようにすることはもちろん、輸送時に製品が破損しないようにするという根本的な部分も配慮して設計を行いました。

Point3.使いやすさやの追求

ただ単に、製品に合った包装を設計するのではなく、梱包作業時の組立が簡単になったり、広げて使用できるノビノビ緩衝材設計にしたり、できるだけ無駄を省いてコストダウンするなど、付加的な要素にもこだわりを持って包装設計を行っています。

包装設計のポイント3.使いやすさやの追求

よくあるお客様の課題

非常に重い重量物なので、梱包・開梱作業時の負担が大きい。負担を最小限に留めることができる包装設計を作ってほしい。

解決のために

梱包・開梱作業時の上下運動を極力省くために、製品を上から被せるようにして梱包することを提案しました。

Point4.落下シミュレーションによる落下試験

製品の安全をより確実なものにするためには、落下試験が欠かせませんが、高額な製品のような落下試験を行えないものもあります。そういった場合でも、弊社では専用の落下シミュレーションシステムを導入しており、実際に製品を壊すことなく正確なデータを得ることが可能です。

包装設計のポイント4.落下シミュレーションによる落下試験

よくあるお客様の課題

何度も落下テストをするには、時間的余裕がない。
落下試験を行える専任の技術者もおらず、困っている。

解決のために

落下シミュレーションを使って、最適な包装設計を提案しました。 何度も落下シミュレーションを行い、現物を使ったテストは最終確認時のみです。当システムを利用することで時間・経費を大幅に削減することができました。

高機能な素材を使った包装設計

包装設計をする上で、緩衝材の素材は重要な要素です。より確実な保護が必要、導電性が必須条件、におい移りのないものがほしいなど、包装する製品に合わせて求められる機能も変化します。
旭化成の『サンテックフォーム』は、緩衝材の中でも優れた素材です。弊社には、サンテックフォームを用いた設計・加工技術に関して、多くの実績と強い自信があります。

包装設計の要、高機能な素材

よくあるお客様の課題

電子機器が静電気の影響で壊れる事が多々ある。

解決のために

静電気防止特性を付加したサンテックフォームを提案。
静電気から製品を守る事はもちろんのこと、高い緩衝性により製品の不良率を削減しました。

様々な緩衝材、通い箱を設計・製造してまいりました

様々な緩衝材、通い箱を設計・製造してまいりました
弊社ではこれまでに、精密機器をはじめ、下記のような緩衝材に関する 様々なお悩みを解決してまいりました。
  • ・自動車部品
  • ・電化製品部品
  • ・電子機器部品
  • ・非鉄金属
  • ・工業用部品
  • ・医療機器関係 など


オリジナルの包装設計を小ロットでも対応しています

オリジナルの包装設計・緩衝材設計を小ロットでも対応しています
金型を起こすほどのロットが無い場合でも、安価な木型からの製作が可能ですので、トータルでのコストダウンが可能です。産業機器や医療機器などの高額な製品のオリジナル緩衝材の包装設計は、弊社にお任せ下さい。
製作実績や対応加工については以下のページをご覧下さい。

緩衝包装設計に関することはお気軽にお問い合わせ下さい。
安全性と効率の両面でご要望にお応えします。
包装設計のお問い合わせはこちら
電話受付時間:8:20〜17:00 定休日:土日・祝日
電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら