粉塵の発生を抑えたい-クリーンルームにも持ち込める通い箱
緩衝材・通い箱の阪久化成 TOP >> 粉塵の発生を抑えたい

クリーンルームにも対応した通い箱をお探しの方へ

紙ダンボールや発泡スチロールなどの通い箱では、粉塵や屑などが発生するためにクリーンルームへ持ち込むことはできません。その点、プラスチックダンボール(プラダン)の通い箱であれば屑の発生を抑え、安心して使用していただけます。

食品や医療、半導体業界向けの通い箱

とくに衛生状態にシビアな、クリーンルームを使用する業界においては、プラダンの通い箱が適しています。また、中の緩衝材にも粉塵や屑が出にくいものを使うことが重要です。

クリーンなプラダン

クリーンなプラダン
【クリーンなPP押出発泡シート】
プラスチックダンボール(プラダン)はポリプロピレン樹脂(PP)を原材料として製造されているため、紙ダンボールや発泡スチロールのように素材から粉や屑の発生を抑えます。

割れや欠けのない高機能緩衝材

割れや欠けのない高機能緩衝材
【自動車用カメラの緩衝材】
緩衝材に関しても、簡単に割れや欠けのできるものは異物混入の原因となります。弊社がオススメする旭化成のサンテックフォームは、割れや欠けに強く、屑などの出にくい素材ですので、クリーンな環境での使用に適しています。
また、耐薬品性が強く、静電気防止タイプもあるため、様々な業界での使用が可能です。

そのままロボットトレーとして使える

一般的な緩衝材は、そのままロボットトレーに使用することはできません。そこで低発泡の押出しシートを併用し、必要な部分の精度を高くすることで、ロボットに対応するトレー(=緩衝材)の製作を行っています。

緩衝材、通い箱の設計・製造はお任せ下さい

緩衝材、通い箱の設計・製造はお任せ下さい
緩衝材の設計・加工にプラダンの外箱を組み合わせることで、高機能の通い箱を製造します。一貫製造体制により、用途や製品に合わせてご要望にお応えします。
製作実績や対応加工については以下のページをご覧下さい。

通い箱や緩衝材からの異物混入でお困りならお気軽にご相談下さい。
高機能緩衝材と高い設計技術でご要望にお応えします。
TEL:06-6962-9191
電話受付時間:8:20〜17:00 定休日:土日・祝日
電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら