落下試験について-落下シミュレーションでより安全な緩衝材をつくります
緩衝材・通い箱の阪久化成 TOP >> 落下試験について

落下試験に関するお悩みも解消します

商品を運ぶときに一番重要なポイントが商品を壊さないことです。 ただ、高額商品などは何度も落下試験を行うわけにはいかず、お困りの方も多いかと思います。
弊社では、できるだけ少ない工程でより精度の高い緩衝材を設計するため、 実際の落下試験にほぼ即した結果が出る落下シミュレーションシステムを導入しております。

高額な製品など実物を使った落下テストができない場合には

最終的に落下試験は必要だが、製品の特性上、何度も試験を行うことができないということもあるかと思います。 産業機器や電子機器・精密部品などの高額製品、または重量が大きく持ち運びが困難な商品の場合、 従来のような包装貨物落下試験機や演算制御型落下衝撃試験装置を使った試験ができません。
弊社では、『PAOSS』システムを使った落下シミュレーションを行っており、とくに次のような場合におすすめしています。

製品完成と同時に緩衝材が必要な場合

製品が未完成でテストできないが、早く緩衝材がほしい
製品が完成次第すぐに梱包したいため、落下テストを行う時間がないと言う場合でも、 製品のCAD図面から落下シミュレーションを実施することが可能です。
製品完成品がない状態でも、図面さえあれば最適な緩衝設計を行い、製造を行います。

再設計・再試作の時間ロスを大幅に削減

高額な製品や超重量製品の落下試験
実際に落下試験を行う際は、試作品を作り落下試験を行うプロセスを何度も繰り返すことが一般的な方法です。しかし、落下試験は必須であるものの、高額製品や精密な製品においては試験での失敗が 許されません。
弊社の導入している落下シミュレーションは、そんな問題点を解消することができます。落下シミュレーションによる緩衝性能予測により、 再設計・再試作の時間ロスの大幅な削減が可能です。さらに、今まで必要だった、面倒な業者とのやり取りの手間を省くことができ、 納期も格段に短縮することができます。

提案事例:画像編集機製造メーカー様より

提案事例:画像編集機製造メーカー様より
「まだ完成していない新製品を、中国へ送るための緩衝材・通い箱を作ってほしい」とのご依頼をいただきました。海外輸出になる上、製品そのものが高額な精密機器のため、万が一の落下に備えた確実な緩衝性をお求めでした。
まず、製品が未完成のため、データでの緩衝設計が必要となります。まず図面データをお預かりし、設計を行いサンプル作成を行いました。その後、確実に製品を守ることができるか、PAOSSを使って落下シミュレーションを行いました。
結果、「製品完成と同時に出荷ができて大変助かった」というお声をいただくことができました。製品を守るだけでなく、納期短縮にもお役に立てたと思います。

別注設計と小ロット対応で高性能の発泡ポリエチレン緩衝材を製造します

別注設計と小ロット対応で高性能の緩衝材を製造します
産業機器や医療機器、高額な製品を衝撃から守るためには、高機能の緩衝材が欠かせません。落下試験が出来ない場合は、落下シミュレーションソフトの活用で手間とコスト・納期を削減することが出来ます。

製作実績や対応加工については以下のページをご覧下さい。
発泡ポリエチレンの加工はお気軽にお問い合わせ下さい。
落下シミュレーションと設計技術によって、
安全かつ経済的な緩衝材を作ります。
TEL:06-6962-9191
電話受付時間:8:20〜17:00 定休日:土日・祝日
電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

発泡ポリエチレン緩衝材の設計・製造のお問い合わせはこちら