再利用・経費削減-再利用できるプラダンで通い箱の長期利用
緩衝材・通い箱の阪久化成 TOP >> 再利用・経費削減

長く使える通い箱をお探しの方へ

ダンボールなど梱包材の処分でお困りの方や、空き箱の輸送コストにお困りの方は多いのではないでしょうか。弊社の通い箱はプラスチックダンボール(プラダン)を使用するため、繰り返し使えて経済的です。

丈夫なプラダン通い箱の特徴

プラスチックダンボールは、通い箱として最適な梱包材で、中の緩衝材との組み合わせによって中長期に渡り、製品の保護を行いながら効率的に輸送をすることが可能です。

丈夫なプラダン

丈夫なプラダン
【丈夫なプラダン】
プラスチックダンボール(プラダン)はポリプロピレン樹脂(PP)を原材料として製造され、中空構造により軽さと強度を両立しています。梱包箱にプラダンを使用することで、作業員の負担の軽減、輸送コストの削減ができます。保管箱や通い箱に必要な耐久性や耐水性、耐薬品性を備えています。

反復使用可能な緩衝材

反復使用可能な緩衝材
【反復使用可能な緩衝材】
緩衝材に関しても反復使用が可能なものを入れることで、通い箱は製品を安全に運べて繰り返し使える便利な梱包材となります。

旭化成のサンテックフォームは高い緩衝性を持ち、反復使用が可能な素材です。弊社では緩衝材の設計から行いますので、より製品と通い箱にフィットした緩衝材をつくることができます。

梱包材の引取り・処分に手間がかかる

梱包材の引取り・処分に手間がかかる
【フロントパネルの緩衝材・通い箱】
紙ダンボールや発泡スチロール品は処分に手間がかかってしまいます。プラスチックダンボール(プラダン)や発泡PPシートは繰り返しの使用が可能であり、長期で使用する場合には、大きなコストメリットもあります。

提案事例:紙ダンボールからの変更

提案事例:引越し業界
今までは紙ダンボールを使用していたとのことですが、工場間のやり取りも多く、プラダンに変更したいとのことでした。
緩衝材に関しても長期に渡って使用可能な素材を用いて設計し、繰り返し使える通い箱を製造しました。

緩衝材、通い箱の設計・製造はお任せ下さい

緩衝材、通い箱の設計・製造はお任せ下さい
緩衝材の設計・加工にプラダンの外箱を組み合わせることで、高機能の通い箱を製造します。一貫製造体制により、用途や製品に合わせてご要望にお応えします。
製作実績や対応加工については以下のページをご覧下さい。
中長期で使える緩衝材、通い箱についてお気軽にご相談下さい。
高機能緩衝材と設計ノウハウでご要望にお応えします。
TEL:06-6962-9191
電話受付時間:8:20〜17:00 定休日:土日・祝日
電話受付時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問い合わせはこちら